ダイヤモンド 激安

ダイヤモンド 激安お支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

ダイヤモンド 激安

ダイヤモンドアクセサリー即日配送

このページは「ジュエリーの手入れ 」の情報コンテンツです。
ダイヤモンド 激安 > ジュエリーの手入れ

豆知識

ジュエリーの手入れ

ジュエリーのお手入れ、正しく行われていますか?ほとんどの方がジュエリーの正しいお手入れをされていないように思います。お手入れ次第でジュエリーの“もち”が変わりますので、今日からでもジュエリーの正しいお手入れをはじめましょう。

着けたら拭くのが基本

外出時にジュエリーをつけて、帰宅後はずしたらそのままジュエリーBOXや自分用のジュエリー収納場所に置いてしまう。これは絶対NGです。どのジュエリーもほとんどが素肌に身に着けるもの。洋服だって素肌についているものは一度着れば洗いますよね?ジュエリーだって同じです。身に付けたら汗や皮脂、女性ならお化粧品で必ず汚れますので柔らかい布でやさしく乾拭きをしましょう。

ジュエリーを拭かずにそのまま収納してしまうと汚れや皮脂が酸化したり変色の原因になってしまいますが、この基本を守っていない方が結構多いようですので必ず守っていただきたいと思います。

何故優しく拭く必要があるのか

ジュエリーを拭く際、柔らかい布で優しく拭くのが必須ですが、何故優しく拭く必要があるのでしょうか?だいたいの方は「ゴシゴシ拭いたら傷が付くじゃないか!」とお分かりだと思いますが、実は空気中には目には絶対見えないほどの水晶の微粒子が含まれています。研磨するほど硬い宝石といっても、水晶よりもやわらかい宝石はその微粒子の水晶に傷をつけられてしまうため“やさしく”が必ず必要なのですね。

取れない汚れはプロに任せる

毎日ちゃんとジュエリーを付けた後にふいていても、ずっと使っていれば取れない汚れが付くこともあります。そんな時、「絶対にキレイにしたい!」と無理に強くこすったり、不用意に洗剤や研磨効果のある布でこすっては無駄に傷をつけてしまうこともあります。優しく拭いても取れない汚れは、そのジュエリーを購入したショップなどに持ち込んでプロにお手入れをお任せするのが確実です。

また、ルースを留めている台座が緩んでいないか、指に合わなくなっていないかなども合わせてみてもらい、必要であればメンテナンスやサイズ調整をしてもらうこともできますね。

ダイヤモンド 激安 激安通販